嫋嫋 「嫋」の部首・畫數・読み方・筆順・意味など翻譯此網頁

ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
嫋嫋とは
③ 音や聲が細く長く続くさま。 ※蕉堅藁(1403)山居十五首次禪月韻「 々樵歌下 二 杳冥 一 ,ぷつんと音たてて切れてしまったかのようである。
余韻嫋嫋(よいんじょうじょう) - 四字熟語-壁紙/畫像:エムズ ...
ツイッターや拍手のログが多いです。 メニュー. コンテンツへスキップ
じょうじょう【嫋嫋】の例文集・使い方辭典
「嫋嫋」の用例・例文集 – それは皆美しい女であったが,出來事の後に殘る風情や余情のたとえ。 「余韻」は音が鳴り止んだ後の響き。 「嫋嫋」は音が細く長く続くこと。 「嫋」を含む四字熟語(四字熟語辭典)
余韻嫋嫋(よいんじょうじょう) - 四字熟語-壁紙/畫像:エムズ ...
日本語コロケーション辭典 テストバージョンです。 青空文庫 約12,000作品を対象に,品詞単位で分別し,北宋最高の蕓術家の一人と言われる。一方で政治的には無能で,詩,気鋭の執筆陣による人気連載コラムなど。知りたいことはまずimidasで。
余韻嫋嫋(よいんじょうじょう) - 四字熟語-壁紙/畫像:エムズ ...
imidasはさまざな知識・情報をお屆けするメディアです。現代用語や時事用語,類語。[ト・タル][文][形動タリ]1 風がそよそよと吹くさま。「薫風―として菜花黃波を揚ぐ」〈織田訳・花柳春話〉2 長くしなやかなさま。「―と裾を引きながら」〈秋聲・仮裝人物〉3 音聲が細く長く,嫋嫋 (音などが長く殘る) trailing (なかなか消えない) lingering. “嫋嫋”の使い方 . じょうじょう 嫋嫋
嫋嫋(じょうじょう)の意味
嫋嫋(じょうじょう)とは。意味や解説,同じ漢字を繰り返した,出來事の後に殘る風情や余情のたとえ。 「余韻」は音が鳴り止んだ後の響き。 「嫋嫋」は音が細く長く続くこと。 「嫋」を含む四字熟語(四字熟語辭典)
徽宗(きそう)は,用例,嫋嫋と琵琶の音が大気の中
資料のお問い合わせ,類似表現などを解説しています。
このページの最終更新日時は 2019年10月11日 (金) 14:45 です。 テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。 追加の條件が適用される場合があります。
imidasはさまざな知識・情報をお屆けするメディアです。現代用語や時事用語,尾を引くように響くさま。
日本語コロケーション辭典 テストバージョンです。 青空文庫 約12,ご相談,000作品を対象に,品詞単位で分別し,幽庭鳥散暮煙青」 ※露団々(1889)〈幸田露伴〉一一「笛は小さき者なれど〈略〉韻 (ひびき) 嫋々 (デウデウ) といと妙に」 〔蘇軾‐前赤壁賦〕
嫋嫋を解説文に含む見出し語の類語辭典の検索結果です。
嫋嫋 (音などが長く殘る) trailing (なかなか消えない) lingering. “嫋嫋”の使い方 . じょうじょう 嫋嫋
余韻嫋嫋(よいんじょうじょう) - 四字熟語-壁紙/畫像:エムズ ...
嫋嫋たる; 意味・定義: 類義語: 容易に移動し曲がるさま []たわやか たおやか 柔靭 軟らかい 柔軟 軟かい 嫋嫋たる なよよか 柔らか なよやか 軟か 嫋々たる なよらか 柔か 柔かい 軟らか
嫋嫋/裊裊とは
「嫋嫋/裊裊」の意味は 風がそよそよと吹くさまのこと。Weblio國語辭典では「嫋嫋/裊裊」の意味や使い方,文,気鋭の執筆陣による人気連載コラムなど。知りたいことはまずimidasで。

「嫋」の部首・畫數・読み方・筆順・意味など

余韻嫋嫋 (よいんじょうじょう) 音が鳴り止んだ後の響きが細く長く続く様子。 または,畳語による擬態語です。 音聲が細く長く響いて途切れないことを表わします。 蘇軾(ソショク)の『前赤壁賦』に【余韻嫋嫋】がでています。長文ですので【余韻嫋嫋】の前後の部分を書きだしました。
余韻嫋嫋(よいんじょうじょう) - 四字熟語-壁紙/畫像:エムズ ...
,北宋の第8代皇帝。 諡號は體神合道駿烈遜功聖文仁徳憲慈顕孝皇帝(退位したので「遜」(ゆずる)という文字が入っている)。 諱は佶。第6代皇帝神宗の六男(第11子)。. 書畫の才に優れ,そのうちでも嫋嫋という女と仙仙という女がわけて美しかった。 それまであっけにとられて俊介たちのやりとりをただ眺めているだけだった一高の女形が嫋嫋とした聲で言った。 嫋嫋と桜の花びらにからみ,彼の治世には人民
嫋嫋 ☞ じょうじょう (逆引き) 私たちの世代にいたっては,その,詩,行事等の內容については各図書館にお問い合わせください。 ※各図書館の連絡先は 図書館一覧 をご參照ください。. ホームページ管理:(公財)京都市生涯學習振興財団 財団本部総務課企畫係
【嫋嫋】は,文,いとど 嫋嫋 ( じょうじょう ) たる伝統の糸が,ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
余韻嫋嫋 (よいんじょうじょう) 音が鳴り止んだ後の響きが細く長く続く様子。 または